レモネード流オーガレック

今回は、私アンニュイ@ennui_noon)が、
レモネード@remone_do)のWCS2019 Day1使用パーティの中身を紹介します。




半分は、想像で。




そもそも、オーガレックf:id:ennui_noon:20160117220516p:plainf:id:ennui_noon:20160117220502p:plain自体使ったことが無く、
フレ戦で1度見せてもらっただけで、回す気が起きない 回してないですが、
9割5分当たってると思います。
何故なら、レモネードさんが作るパーティだからです。






この記事は、

  • 6月の全国大会後にレモネードさんが作ったカイオーガレックウザ
  • 今年も一緒に練習したよしみ(参照:WCS2018版
  • 彼が作るパーティがいつも変に見える理由
  • Day1で4勝5敗だったのに、トータルで勝ち越した謎


等、以上の事柄をまとめます。




成績〜


  • 8/16(金) ワールドチャンピオンシップス2019
    • Day1:4勝5敗(※BO3)


f:id:ennui_noon:20190715080104p:plain





予選抜けを懸けた試合が少ないのは置いといて...





パーティ全体〜


持ち物 特性
f:id:ennui_noon:20160117220516p:plain - しおふき ねっとう? れいとうビーム まもる はじまりのうみ
f:id:ennui_noon:20160117220502p:plain f:id:ennui_noon:20130130023325p:plain ガリョウテンセイ しんそく じしん いわなだれ デルタストリーム
f:id:ennui_noon:20140323222104p:plain - アイアンヘッド はたきおとす ふいうち まもる いかく→ちからもち
f:id:ennui_noon:20190819104940p:plain f:id:ennui_noon:20170109212610p:plain パワーウィップ とびひざげり フェイント てだすけ じょおうのいげん
f:id:ennui_noon:20161221192512p:plain f:id:ennui_noon:20170109212611p:plain かみなり ほうでん? マジカルシャイン まもる エレキメイカ
f:id:ennui_noon:20161221192509p:plain f:id:ennui_noon:20140630004155p:plain ムーンフォース ねっとう くさむすび シャドーボール ミストメイカ


ゲンシカイオーガ ひかえめhbcds S124
メガレックウザ いじっぱりAS S167
メガクチート いじっぱりHA S71
アマージョ いじっぱりHA S93
カプ・コケコ おくびょうCS S200
カプ・レヒレ ひかえめHC S106


基本選出は 先発f:id:ennui_noon:20160117220516p:plainf:id:ennui_noon:20140323222104p:plain 後発f:id:ennui_noon:20160117220502p:plainf:id:ennui_noon:20190819104940p:plain と予想。
レックウザクチートの同居が特徴的。




それ以上に特徴的なのが、


攻撃技:数えると大体20コ以上
変化技:守る のみ
配分:HA HC AS CS252振り のみ

人はこれをレモネード流と呼びます。
(※アマージョの手助け・カイオーガの配分は後述します)



レモネード流とは〜


ダブルバトルにおいて、
1ターン目から2匹で、攻撃技を打っていくプレイスタイルのこと。
6匹すべてのポケモンのパワーが高いため、受けづらい。
またそのスピード感から、相手のテンポミスを誘いやすい。




これに尽きます。(レモネード流・壱ノ型)
いきなりトップギア
攻撃は最大の防御なり。




この無理矢理に見える攻め方は、
1ターンでも早く、相手の残りポケモン数を2匹にするため。
交代先を無くすことで、技の選択肢・読みの負担を減らします。
結果、カイオーガグラードンの天候を取りやすくなります。




また、彼は吹雪電磁砲など、
命中不安定な技を振るイメージが強いですが、
攻撃回数が普通のプレイヤーより単純に多いため、なんだかんだで当たります。
強者が、追加効果や急所を引くイメージを持つのは、コレが原因。




ただ、先制の爪ナットレイの採用については、
かなり根深い問題です...




レモネード流は、言ってしまえば縛りプレイなので、
例えば、ゼルネアス対策に挑発・ほえる・レッドカード等を採用しません。
さらに、追い風やトリルといったS操作技は使用禁止ですから。
効果が重要視される攻撃技も、一切使おうとしません(とんぼ返り・ボルトチェンジ・凍える風 等)

レモネード〜限界霰 一撃必殺〜
http://blog.livedoor.jp/bdrm023/archives/52885602.html
      
      


WCS2018ルールで、このパーティのカプ・コケコの技を、
ほうでん→ボルトチェンジに変えて、
他の箇所も、いくつかマイルドにした結果、
使い勝手が全然違うパーティになった記憶は、今でも忘れられません。






このように、
ドMを極めた結果、爪ジャイロボールがゼルネアスにHITする訳です。
狙いを定めて発動させてますから。
ちなみに私には、爪ナットレイは使いこなせませんでした。(ちょいMなので)




どうしても、
安定した構築に成り得ないのがレモネード流のデメリットですが、
ポリシーを持って、ポケモン対戦に臨む姿勢は素晴らしいの一言。




長くなりましたが、
BW2(2013年)からこんな感じのプレイヤーです。
選出誘導や初見殺しの技術でポケモンやってる。




構築経緯〜


f:id:ennui_noon:20190819225459p:plain
実際に使ったパーティとは異なる場合があります


初手からゲンシカイオーガf:id:ennui_noon:20160117220516p:plainのしおふきで削って、
控えのメガレックウザf:id:ennui_noon:20160117220502p:plainで〆るパーティと見てます。
オーガの採用で、パーティを潤滑に動かすガオガエンを選出段階から睨みます。
先発起用は、カイオーガを安全に着地させるとんぼがえり等の手段が無いから、とも言えます。




このパーティ内で、
オーガレックを活かしているポケモンは、おそらくクチートアマージョ




メガクチートf:id:ennui_noon:20140323222104p:plainは、オーガレックに有利なゼルネアスに対する鋼枠。
威嚇を受けても、無振りゼルネアスをアイアンヘッド+不意打ちで倒せるパワーがあり、
また自身の威嚇でカイオーガの物理防御を補強、炎・地面弱点もオーガがカバーします。
結果、オーガクチート先発は1撃で倒されにくく、力押しできる強力な並びになっています。




アマージョf:id:ennui_noon:20190819104940p:plainは、女王の威厳で主にねこだましを防ぐ役割。
ねこだましでオーガの動きを止めようとしたり、選出ミスをカバーする隙を、
交代で序盤からしおふき大ダメージを狙います。
選出しなくとも、特性そのものがプレッシャーになるのも強み。




またこのポケモンも、ゼルネアスを睨むことができます。
パワーウィップZ+フェイントが、H202 B115ゼルネアスに196~231ダメージ入ります。
まあ実際は、威嚇でダメージ量が落ちてしまいますが、
フェイント+オーガレックの攻撃で、ゼルネアスに隙を見せない工夫はできています。




カプ・コケコf:id:ennui_noon:20161221192512p:plainカプ・レヒレf:id:ennui_noon:20161221192509p:plainは、
特性で眠り状態を防ぐ点が評価されています。
神秘の守り・ラムの実・防塵ゴーグル等は、元から案にありませんので。
元より、優秀なタイプと高い種族値




コケコは、レックウザに代わる高速アタッカー。
レックウザウルトラネクロズマに上からラブリースターインパクトを打つ!
と見せかけて、
雷をZ技にしたスパーキングギガボルトを打つ可能性が高いです。




ヒレの役割は、
正直なところ過剰に見えます。
水もフェアリー打点も眠りを防ぐフィールドも、既にありますから。




おそらくですが、実際に会って話した時に
ウルトラシリーズで特に倒しにくい一般ポケモンは、カプ・レヒレ
という認識が、二人の中でありました。
そこで、突撃チョッキを持たせる理由はレモネードさんだからなのですが、一応後述します。



個別解説〜


f:id:ennui_noon:20160117220516p:plainゲンシカイオーガ@あいいろのたま
しおふき/熱湯/冷凍ビーム/守る
H188-A×-B123-C234-D193-S124
(控えめ H100 B100 C100 D100 S108)




ツイートは、全国大会2019のもの。
おそらく、この配分で世界大会も挑んでいます。


この配分の意図は、
ゲンシカイオーガは攻撃・耐久・素早さに満遍なく振った配分が強い」
と頭の中で分かっているが、自身の流派に反してしまう...
ましてや、カイオーガはこのパーティの軸...


そこで、
この葛藤から抜け出すために考えたギャグとして、
努力値振るのが一番楽な方法だから!」
と言っていますので、笑ってあげてください。


『H188-A×-B123-C234-D193-S124 より、
 H207-A×-B116-C234-D181-S124 の方が堅いですよ。』
と言っても、全く聞く耳を持ってくれません。


冷凍ビームが吹雪ではない理由は、ボーマンダレックウザ等に外す余裕が無いためでしょう。



f:id:ennui_noon:20160117220502p:plainメガレックウザf:id:ennui_noon:20130130023325p:plain@こだわりハチマキ
ガリョウテンセイ/神速/地震/岩雪崩
H181-A255-B120-C×-D120-S167
(意地っ張り H4 A252 S252)
H181-A222-B110-C×-D110-S147メガシンカ前)


ガリョウテンセイと神速の火力を、最大まで上げる意地っ張りハチマキ型。
オーガクチートの控えに置き、裏からゲンシグラードン等へ圧力をかける役割。


意地っ張りだと、メガシンカ前の素早さが147で、
最速グラカイ(S156)に抜かれそうに見えて、
対グラカイには、クチートよりレックウザメガシンカを優先させ、確実に上を取ります。
2枚メガのレックウザは陽気一択だと考えてたので、一本取られました。


ハチマキ地震、分かります。
1ターンでガオガエンツンデツンデの並びに、大ダメージを狙える技だからです。
味方の他5匹が浮いていないからと言って、保守的な考えはNGです。


ただ、岩雪崩は共感を得られにくいと思います。
ガオガエン+サンダーに対する打点になりますが、
デルタストリームや威嚇を考慮せずに、ようやく無振りサンダーが中乱数...


雨補正が乗るかもしれない滝登りがベターで、とんぼガエンがいたらハチマキ守るが好み。



f:id:ennui_noon:20140323222104p:plainメガクチートクチートナイト
アイアンヘッド/はたきおとす/不意打ち/守る
H157-A172-B145-C-D115-S71
(意地っ張り H252 A252 S4)
H157-A150-B105-C×-D75-S71(メガシンカ前)


クチートは、オーガレック+メガメタグロスの亜種だと思います。
オーガレックと鋼タイプは、縦・横の相性が良い。


メタグロスと比べて、耐久は低く、ゼルネアスに先手は取れない反面、
威嚇や、悪技でソルガレオルナアーラネクロズマの弱点を突けるところが違いです。
それを可能にする 不意打ち+はたきおとす が偉い。



f:id:ennui_noon:20190819104940p:plainアマージョf:id:ennui_noon:20170109212610p:plain@草Z
パワーウィップ/とびひざげり/フェイント/手助け
H179-A189-B118-C×-D118-S93
(意地っ張り H252 A252 S4)


f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain「最近、手助けにハマってるんですか?」
f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain「そうだよ!」
f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain「どうやって使うんですか?」
f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain「カ・エール君のブラッキーみたいに使うんだよ!」


次に会った時に言いそう。




手助けは、1匹に攻撃力を集めるという点で、レモネードさんがギリギリ扱える補助技です。
多分、猫騙しを打たれないポケモンなので、使い勝手が悪くないのでしょう。
PGLデータでも、手助け持ちは7~8割だそう。


世界大会本番2日前のフレ戦で、
トゲデマルがぶっ刺さりだったので、
けたぐり→とびひざげりに変更したと読んでいます。
でも、頑固なので変えていないとも思えます。



f:id:ennui_noon:20161221192512p:plainカプ・コケコf:id:ennui_noon:20170109212611p:plain@電気Z
雷/放電/マジカルシャイン/守る
H146-A×-B105-C147-D95-S200
(臆病 H4 C252 S252)


コケコの型が合ってたら、答え合わせは100点だと思います。
放電が草結びかもしれない(避雷針対策)


相手のカプ・コケコが重そうなので、
アマージョのフェイント+雷Zを仕掛けそうです。



f:id:ennui_noon:20161221192509p:plainカプ・レヒレf:id:ennui_noon:20140630004155p:plain@突撃チョッキ
ムーンフォース/熱湯/草結び/シャドーボール
H177-A×-B135-C161-D150-S106
(控えめ H252 B4 S252)


フルアタレヒレ
チョッキを持たせる最たる理由は、コケコの電気Zを耐えられるようにするため。
対コケコにレヒレ+αの選出で、2匹動かすことを目的としていると思われます。
また、自然にヌケニンを対策するため。


攻撃連打で、ムーンフォースと熱湯の追加効果3割を狙いつつ、
草とゴースト打点で予想外のダメージを与えます。
草結び:D181ゲンシカイオーガに80~96ダメージ、水ヌケニン対策
シャドーボール:HP振りルナアーラをファントムガード込みで2発で倒せる、ヌケニン対策


想像以上に堅く、
イベゼルネでデスウイング→ジオコンムンフォで倒すプランを、耐えてきてビビりました。



世界大会を観た感想〜



特にDay2に残ったプレイヤーは、
一手一手に無駄が無く、数ターン先を見てコマンド入力してると思いました()
トリックルームや断崖の剣という強力な技を、最適な場面で打つ感じ。
ブラッキーで詰めるか、ブラッキーを犠牲に追い風でぶち抜くか。




そして、
レモネードさんの結果を受けて、思い出した事がありました。



f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain ホワイトキュレムはスカーフ派
f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain f:id:ennui_noon:20190623173457j:plain スカーフキュレム反対派
f:id:ennui_noon:20190820143713j:plain f:id:ennui_noon:20180611232452j:plain レモネード流 推進派
f:id:ennui_noon:20190820143706j:plain ビビりだまホワイトキュレムを提案するもレモネードさんに却下されるふぇいとさん


7月の、あいオフ二次会、キュレム議論。




ビビリだまは置いといて、
ウォルフォンさんやたきさんが言ってた通り、
是非とも、レモネードさんらしいパーティで挑戦してほしい感じ、とても共感できました。
いつか配信で映ってほしいです。




確かに、全国大会(BO1)でオーガレックをメタってスカーフキュレムの発想はお見事でした。
しかし、世界で通用するビジョンがどうにも見えなかったです。
初戦をスカーフキュレムで取っても、2・3戦目で対応されてしまうと思いました。
今考えると、むしろBO3の1戦目を高い勝率で取れるってアドなのでは...?




そこで、アドバイスになったかは不明ですが、
「オーガレッククチートはおもしろそう」(レッククチートが斬新だった)


後日、
「最後は自分で考えたパーティで挑んでほしい」(良くも悪くも思い出に残るので)




と伝えて、ほぼ毎日だったLINEが週1になりました。
褒めて伸ばして、後は任せるスタイル。
なので、このパーティ自体は純度100%レモネードのはず。




そしたら、




繰り返しになりますが、
「Day1で4勝5敗なのにトータル13勝11敗で勝ち越している」に加え、
「初戦の勝率100%」←この事実がとても不思議。
スカーフキュレム回避したのに、こんなデータ出ちゃいます?




きっと、2・3戦目で対応できる海外のプレイヤーが単純に強かったと言いますか、
レモネード流のタネを見破られたと言いますか、、、




その辺りは考察が尽きないので、
世界の感想をズガドーン・ツガネザワに直接聞きたいところです。
というか、手品とか覚えたら良いんじゃないですか。



QRレンタルチーム〜


チョッキレヒレの改良案が思いついたら載せます。