第23回あいオフ

shana.hatenablog.com


今回もゲームに熱中しつつ、
たくさんの方とお喋りできて楽しかったです(^o^)
対戦および交流してくれた方々、ありがとうございました。







以下、簡単に対戦内容。



使用パーティ:


A211の珠ダイロックでHP振りロトムが1撃
ってことだけ覚えてください。
ただ、初手からエルフーンの追い風+ドサイドンの珠ダイマックス技がどーん!
って動きをさせてくれる相手は全然いませんでした。




1戦目 るるぶ 負け

  • ドサイドンを追い風とダイジェットでサポートした
  • 敗因:アーマーガアミラーでこちらのが速い


2戦目 ポケモン太郎 勝ち

  • ダイスチル2発でリリバキッスを倒して地面が一貫
  • 後発エルフーンの追い風


3戦目 カラメル 勝ち


4戦目 ゆう 勝ち


5戦目 うろぼろす 負け

  • トゲキッスの守るが偉い
  • うろ「なんでアーマーガア選出しなかったんですか?」 アン「頼りないから」


6戦目 コナタン 勝ち

  • フォクスライの名前から分からなかった、特性かるわざで素早さ種族値は90らしい
  • ドサイドンが耐久無振りなのに集中攻撃を余裕で耐えてどーん

→ 4勝2敗で決勝トーナメント進出







決勝1回戦 恋歌 負け

  • インテレオン+シルヴァディの誓い技を警戒するので精一杯
  • 結果、初手プレミ


→ ベスト16






野良試合1 KOOTA 負け

  • ラプラス絶対零度でアーマーガア死
  • 予選6-0らしいけどどうやって勝ってたのか謎のまま


野良試合2 まめた 勝ち


野良試合3 ダウングレード 勝ち

  • パーティから選出までそっくりだった
  • 勝因:アーマーガアミラーでこちらのが遅い


野良試合4 アンセナ 負け

  • バタフリーのキョダイコワクがおみくじ
  • キョダイコワク後のダイジェットにやられた感





スマッシュブラザーズ64 全勝
相手:熱いぬるま湯、アンセナ、クロード、まめた

2019年

日付 オフ 予選 決勝 使用ポケモン
1/19 第38回がにゅーオフ 5勝2敗 8位
6/11 3on3 ウルトラ・シリーズ対戦会 4勝2敗 9位 f:id:ennui_noon:20151231101348p:plainf:id:ennui_noon:20160117220532p:plain
7/13 第22回あいオフ 6勝1敗 準優勝 f:id:ennui_noon:20151231101349p:plainf:id:ennui_noon:20151231101348p:plain


予選は必ず抜けるものの、
優勝まで少し届かない、いつもの感じ。
初めてチーム戦に参加した年。
オフ会は楽しくないことがないので、シーズン毎に1回は参加したい。



WCS2019の予選は、伝説ありダブル。
そして、約3ヵ月毎にルールが切り替わる方式。
各ルールの取り組み方→ サン ムーン ウルトラ
個人的に、伝説ダブルの苦手意識がだいぶ解消されたが、良い構築を組むには時間がかかる、、、


一応、BW→BW2→XY→ORAS→SMと、
毎ソフトで全国大会に出る記録が続いてたが、
それもUSUMで途切れてしまった。
真面目に取り組んだつもりだったが\(^o^)/


その代わり、
自分以外のプレイヤーを全国へ導きたいというか、
少し引いた目線から、ポケモンやりたい気持ちがあった。


そこで2017年の夏に知り合ったレモネードさんに色々アドバイス
結果、2018年に全国、2019年に世界大会へ出場の実績。
ナットレイを使えとは言ってません。



8世代の方針、、検討中。
ストーリークリアしてからの約1ヶ月、ひたすらムーンボール個体を調達した(^∀゜)



夏~秋はPTCGOでポケモンカード
ズガドーンGXを気に入ってた。


夏頃から、地元でよく遊ぶ仲間ができた。
週4くらいで会ってるし、忘年会も2回あった。
ポケモンの発音とか、何でもない話で永遠に盛り上がってる。
ソードシールドが割とおもしろいので、ほどほどにやりたいところ。

ソード

ポケットモンスター ソード -Switch

ポケットモンスター ソード -Switch

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: Video Game


  • 発売日までリーク情報がほぼ無し

BW・XY・SMでは、最初にもらえる3匹の最終進化系の画像がTwitterで流れてきてしまった
なので、とにかく新鮮だった
3日ほどTwitterを閉じてストーリーを進めた


  • おまかせレポートとSwitchのスリープ機能

寝落ちしながらストーリーを進めるタイプなので、二度手間にならない
その分、クリア時間も短縮されたと思う


  • ストーリーの内容

ビートが、ジムチャレンジの資格剥奪からジムリーダーに昇格したところや、
ネズとマリィが良いキャラだったのが印象的


BW・XY・SMでは、30時間くらいかかるところが、ソードでは20時間ほどでクリア
寝落ちが無かったせいかもしれないが


倒したい敵キャラが少なかった
ジムリーダーの誰かが黒幕とか妄想したけど、
ローズやオリーヴと戦うことになって あっそう、、ってなった
「面倒事は大人に任せて、子供はジム攻略してて」で、あまりストーリーに変化が無かった印象



  • 育成環境の変化

性格を変えるアイテムの登場・タマゴ技を後からでも取得できる等、
ライトユーザーにとって、かなり育成しやすい環境になったと思うが、
ヘビーユーザーとしては、それほど時間短縮される訳ではない感じ
我々、孵化や育成するポケモンの数が業者レベルなので


ボックスの操作がまだ慣れないだけで、
そらをとぶを使った後に自転車に乗りっぱなしとか、
自転車で水の上を渡れるとか、細かい所で良くなった部分がたくさんあったと思う



  • BGM

ライバル戦がどれも良い
エール団戦も地味に好き



Pokemon Sword & Shield - Bede Battle Music (HQ)



Pokemon Sword & Shield - Marnie Final Battle Music (HQ)



Pokemon Sword & Shield - Gym Leader Battle Music (Full)



Pokemon Sword & Shield - Oleana Battle Music (HQ)

バイアグラ

先日、バイアグラを飲んでセックスをしまして。
初めまして。



色々とデータが取れました。



勃たなかった原因

  • 夜、ヤル前にお酒をたくさん飲んだ(ビール2杯+梅酒2杯)
  • 昼前もセックスした



今年に入って2回目の中折れで、
「あ~コレ知ってる無理なやつだ」と身体で分かりました。
セックスは一時中断。



この場面、基本的に男性側が悪いので気まずくなるところですが、
それ以上に、飲酒で頭が楽しいことになってたので、
イチャイチャしながら「薬飲むからちょっと待っててw」
と提案。



一錠を一気に服用すると、
副作用が出る可能性があるらしく。
まずは、半分に割って飲み、
問題無さそうだったので、もう半分も飲んでみました。



バイアグラは医師の処方が必要な薬です






すると、早々と効果が。
ちんぽの硬さが維持されること。




長さ自体は普段と同じで、
太さが筒状というか、少し太い気がしました。
ただし、特別興奮しないし、感度が上がる訳ではないし、身体の疲れはそのまま。
ちなみに、射精に至る時間もいつも通りでした。(遅漏)




ちんぽだけが元気になる薬
と、思っていただければ。



しかし、相手の方は「さっきと全然違うww」と喜んでいて、
色んな体位を試そうとしたり、ノリが良くなって、
自分的にも満足でした。
ナイスセックス!
寝バックを覚えました。





副作用なのか分かりませんが、
痩せてる女性が皆キレイに見えます。
ちんぽが痩せ型が好みと言っている...
あと、ちんぽちんぽ言っても恥ずかしくなくなりました。チンポ!

レックウザ+イベルタル



レートで計15連勝ぐらいしたパーティ。
改良の余地あり。




構築経緯~




チョッキイベルタル飽きた~守れるやつが使いたい~
と思う中で、
弱点保険イベルタルf:id:ennui_noon:20151231101348p:plainf:id:ennui_noon:20140802233013p:plainに注目。


イベルタルは、バークアウト/デスウイング/不意打ち
で、場に居座るのが強いと考えていて、
弱保なら自然に技を振れる上に、守れるイベルタルにもなることから、この型に決定。
減ったHPをデスウイング超回復できるため、さらに居座れる。



では、どの伝説ポケモンと組み合わせるかで、
あえて弱点を被らせるためにレックウザf:id:ennui_noon:20160117220502p:plainを採用。
ちなみに、デルタストリーム下でイベルタルが電気・氷・岩技を受けても弱点保険は発動しないし、
真面目な人は、普通グラードンカイオーガと組み合わせる。




ミスマッチな2匹に見えて、
性能自体は、イベルタルレックウザも唯一無二。
とにかくフェアリーを誘う点も、
毒や鋼タイプでゼルネアス等に対応できるよう心がければ。


地面技が無効で、パワーのある先制技持ちという点も共通で、
3匹目以降のポケモン地震を採用するなど、
パーティの方向性は、悪くなさそうと思った。





そんな感じで、3.ツンデツンデ 4.カプ・レヒレ 5.ガオガエンの順に採用し、
6匹目に悩んで冷静タスキゲンガーで試しに回したところ、
イベルタル守る+ゲンガートリルで、試合が決まるほどの動きができると判明。
レックウザは、ガオガエンの後攻とんぼから鉢巻ガリョウテンセイが数字って感じ。



カプ・レヒレは、選出すれば活躍するし、挑発が偉い。


ただ、ツンデツンデだけしっくり来ない。
地震って技を打たない。
でも、地面Zでカイオーガとか等倍で削るのは偉かった。


ほとんど選出しなかったのだが、トリルを覚えて殴れる鋼という見た目で仕事はできてる。
トリルや守るを切って、岩雪崩・ワイドガード・サイドチェンジ・神秘の守り等が改良案。
もしくはシンプルに岩Z。

レモネード流オーガレック

今回は、私アンニュイ@ennui_noon)が、
レモネード@remone_do)のWCS2019 Day1使用パーティの中身を紹介します。




半分は、想像で。




そもそも、オーガレックf:id:ennui_noon:20160117220516p:plainf:id:ennui_noon:20160117220502p:plain自体使ったことが無く、
フレ戦で1度見せてもらっただけで、回す気が起きない 回してないですが、
9割5分当たってると思います。
何故なら、レモネードさんが作るパーティだからです。






この記事は、

  • 6月の全国大会後にレモネードさんが作ったカイオーガレックウザ
  • 今年も一緒に練習したよしみ(参照:WCS2018版
  • 彼が作るパーティがいつも変に見える理由
  • Day1で4勝5敗だったのに、トータルで勝ち越した謎


等、以上の事柄をまとめます。




成績〜


  • 8/16(金) ワールドチャンピオンシップス2019
    • Day1:4勝5敗(※BO3)


f:id:ennui_noon:20190715080104p:plain





予選抜けを懸けた試合が少ないのは置いといて...





パーティ全体〜


持ち物 特性
f:id:ennui_noon:20160117220516p:plain - しおふき ねっとう? れいとうビーム まもる はじまりのうみ
f:id:ennui_noon:20160117220502p:plain f:id:ennui_noon:20130130023325p:plain ガリョウテンセイ しんそく じしん いわなだれ デルタストリーム
f:id:ennui_noon:20140323222104p:plain - アイアンヘッド はたきおとす ふいうち まもる いかく→ちからもち
f:id:ennui_noon:20190819104940p:plain f:id:ennui_noon:20170109212610p:plain パワーウィップ とびひざげり フェイント てだすけ じょおうのいげん
f:id:ennui_noon:20161221192512p:plain f:id:ennui_noon:20170109212611p:plain かみなり ほうでん? マジカルシャイン まもる エレキメイカ
f:id:ennui_noon:20161221192509p:plain f:id:ennui_noon:20140630004155p:plain ムーンフォース ねっとう くさむすび シャドーボール ミストメイカ


ゲンシカイオーガ ひかえめhbcds S124
メガレックウザ いじっぱりAS S167
メガクチート いじっぱりHA S71
アマージョ いじっぱりHA S93
カプ・コケコ おくびょうCS S200
カプ・レヒレ ひかえめHC S106


基本選出は 先発f:id:ennui_noon:20160117220516p:plainf:id:ennui_noon:20140323222104p:plain 後発f:id:ennui_noon:20160117220502p:plainf:id:ennui_noon:20190819104940p:plain と予想。
レックウザクチートの同居が特徴的。




それ以上に特徴的なのが、


攻撃技:数えると大体20コ以上
変化技:守る のみ
配分:HA HC AS CS252振り のみ

人はこれをレモネード流と呼びます。
(※アマージョの手助け・カイオーガの配分は後述します)



レモネード流とは〜


ダブルバトルにおいて、
1ターン目から2匹で、攻撃技を打っていくプレイスタイルのこと。
6匹すべてのポケモンのパワーが高いため、受けづらい。
またそのスピード感から、相手のテンポミスを誘いやすい。




これに尽きます。(レモネード流・壱ノ型)
いきなりトップギア
攻撃は最大の防御なり。




この無理矢理に見える攻め方は、
1ターンでも早く、相手の残りポケモン数を2匹にするため。
交代先を無くすことで、技の選択肢・読みの負担を減らします。
結果、カイオーガグラードンの天候を取りやすくなります。




また、彼は吹雪電磁砲など、
命中不安定な技を振るイメージが強いですが、
攻撃回数が普通のプレイヤーより単純に多いため、なんだかんだで当たります。
強者が、追加効果や急所を引くイメージを持つのは、コレが原因。




ただ、先制の爪ナットレイの採用については、
かなり根深い問題です...




レモネード流は、言ってしまえば縛りプレイなので、
例えば、ゼルネアス対策に挑発・ほえる・レッドカード等を採用しません。
さらに、追い風やトリルといったS操作技は使用禁止ですから。
効果が重要視される攻撃技も、一切使おうとしません(とんぼ返り・ボルトチェンジ・凍える風 等)

レモネード〜限界霰 一撃必殺〜
http://blog.livedoor.jp/bdrm023/archives/52885602.html
      
      


WCS2018ルールで、このパーティのカプ・コケコの技を、
ほうでん→ボルトチェンジに変えて、
他の箇所も、いくつかマイルドにした結果、
使い勝手が全然違うパーティになった記憶は、今でも忘れられません。






このように、
ドMを極めた結果、爪ジャイロボールがゼルネアスにHITする訳です。
狙いを定めて発動させてますから。
ちなみに私には、爪ナットレイは使いこなせませんでした。(ちょいMなので)




どうしても、
安定した構築に成り得ないのがレモネード流のデメリットですが、
ポリシーを持って、ポケモン対戦に臨む姿勢は素晴らしいの一言。




長くなりましたが、
BW2(2013年)からこんな感じのプレイヤーです。
選出誘導や初見殺しの技術でポケモンやってる。




構築経緯〜


f:id:ennui_noon:20190819225459p:plain
実際に使ったパーティとは異なる場合があります


初手からゲンシカイオーガf:id:ennui_noon:20160117220516p:plainのしおふきで削って、
控えのメガレックウザf:id:ennui_noon:20160117220502p:plainで〆るパーティと見てます。
オーガの採用で、パーティを潤滑に動かすガオガエンを選出段階から睨みます。
先発起用は、カイオーガを安全に着地させるとんぼがえり等の手段が無いから、とも言えます。




このパーティ内で、
オーガレックを活かしているポケモンは、おそらくクチートアマージョ




メガクチートf:id:ennui_noon:20140323222104p:plainは、オーガレックに有利なゼルネアスに対する鋼枠。
威嚇を受けても、無振りゼルネアスをアイアンヘッド+不意打ちで倒せるパワーがあり、
また自身の威嚇でカイオーガの物理防御を補強、炎・地面弱点もオーガがカバーします。
結果、オーガクチート先発は1撃で倒されにくく、力押しできる強力な並びになっています。




アマージョf:id:ennui_noon:20190819104940p:plainは、女王の威厳で主にねこだましを防ぐ役割。
ねこだましでオーガの動きを止めようとしたり、選出ミスをカバーする隙を、
交代で序盤からしおふき大ダメージを狙います。
選出しなくとも、特性そのものがプレッシャーになるのも強み。




またこのポケモンも、ゼルネアスを睨むことができます。
パワーウィップZ+フェイントが、H202 B115ゼルネアスに196~231ダメージ入ります。
まあ実際は、威嚇でダメージ量が落ちてしまいますが、
フェイント+オーガレックの攻撃で、ゼルネアスに隙を見せない工夫はできています。




カプ・コケコf:id:ennui_noon:20161221192512p:plainカプ・レヒレf:id:ennui_noon:20161221192509p:plainは、
特性で眠り状態を防ぐ点が評価されています。
神秘の守り・ラムの実・防塵ゴーグル等は、元から案にありませんので。
元より、優秀なタイプと高い種族値




コケコは、レックウザに代わる高速アタッカー。
レックウザウルトラネクロズマに上からラブリースターインパクトを打つ!
と見せかけて、
雷をZ技にしたスパーキングギガボルトを打つ可能性が高いです。




ヒレの役割は、
正直なところ過剰に見えます。
水もフェアリー打点も眠りを防ぐフィールドも、既にありますから。




おそらくですが、実際に会って話した時に
ウルトラシリーズで特に倒しにくい一般ポケモンは、カプ・レヒレ
という認識が、二人の中でありました。
そこで、突撃チョッキを持たせる理由はレモネードさんだからなのですが、一応後述します。



個別解説〜


f:id:ennui_noon:20160117220516p:plainゲンシカイオーガ@あいいろのたま
しおふき/熱湯/冷凍ビーム/守る
H188-A×-B123-C234-D193-S124
(控えめ H100 B100 C100 D100 S108)




ツイートは、全国大会2019のもの。
おそらく、この配分で世界大会も挑んでいます。


この配分の意図は、
ゲンシカイオーガは攻撃・耐久・素早さに満遍なく振った配分が強い」
と頭の中で分かっているが、自身の流派に反してしまう...
ましてや、カイオーガはこのパーティの軸...


そこで、
この葛藤から抜け出すために考えたギャグとして、
努力値振るのが一番楽な方法だから!」
と言っていますので、笑ってあげてください。


『H188-A×-B123-C234-D193-S124 より、
 H207-A×-B116-C234-D181-S124 の方が堅いですよ。』
と言っても、全く聞く耳を持ってくれません。


冷凍ビームが吹雪ではない理由は、ボーマンダレックウザ等に外す余裕が無いためでしょう。



f:id:ennui_noon:20160117220502p:plainメガレックウザf:id:ennui_noon:20130130023325p:plain@こだわりハチマキ
ガリョウテンセイ/神速/地震/岩雪崩
H181-A255-B120-C×-D120-S167
(意地っ張り H4 A252 S252)
H181-A222-B110-C×-D110-S147メガシンカ前)


ガリョウテンセイと神速の火力を、最大まで上げる意地っ張りハチマキ型。
オーガクチートの控えに置き、裏からゲンシグラードン等へ圧力をかける役割。


意地っ張りだと、メガシンカ前の素早さが147で、
最速グラカイ(S156)に抜かれそうに見えて、
対グラカイには、クチートよりレックウザメガシンカを優先させ、確実に上を取ります。
2枚メガのレックウザは陽気一択だと考えてたので、一本取られました。


ハチマキ地震、分かります。
1ターンでガオガエンツンデツンデの並びに、大ダメージを狙える技だからです。
味方の他5匹が浮いていないからと言って、保守的な考えはNGです。


ただ、岩雪崩は共感を得られにくいと思います。
ガオガエン+サンダーに対する打点になりますが、
デルタストリームや威嚇を考慮せずに、ようやく無振りサンダーが中乱数...


雨補正が乗るかもしれない滝登りがベターで、とんぼガエンがいたらハチマキ守るが好み。



f:id:ennui_noon:20140323222104p:plainメガクチートクチートナイト
アイアンヘッド/はたきおとす/不意打ち/守る
H157-A172-B145-C-D115-S71
(意地っ張り H252 A252 S4)
H157-A150-B105-C×-D75-S71(メガシンカ前)


クチートは、オーガレック+メガメタグロスの亜種だと思います。
オーガレックと鋼タイプは、縦・横の相性が良い。


メタグロスと比べて、耐久は低く、ゼルネアスに先手は取れない反面、
威嚇や、悪技でソルガレオルナアーラネクロズマの弱点を突けるところが違いです。
それを可能にする 不意打ち+はたきおとす が偉い。



f:id:ennui_noon:20190819104940p:plainアマージョf:id:ennui_noon:20170109212610p:plain@草Z
パワーウィップ/とびひざげり/フェイント/手助け
H179-A189-B118-C×-D118-S93
(意地っ張り H252 A252 S4)


f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain「最近、手助けにハマってるんですか?」
f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain「そうだよ!」
f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain「どうやって使うんですか?」
f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain「カ・エール君のブラッキーみたいに使うんだよ!」


次に会った時に言いそう。




手助けは、1匹に攻撃力を集めるという点で、レモネードさんがギリギリ扱える補助技です。
多分、猫騙しを打たれないポケモンなので、使い勝手が悪くないのでしょう。
PGLデータでも、手助け持ちは7~8割だそう。


世界大会本番2日前のフレ戦で、
トゲデマルがぶっ刺さりだったので、
けたぐり→とびひざげりに変更したと読んでいます。
でも、頑固なので変えていないとも思えます。



f:id:ennui_noon:20161221192512p:plainカプ・コケコf:id:ennui_noon:20170109212611p:plain@電気Z
雷/放電/マジカルシャイン/守る
H146-A×-B105-C147-D95-S200
(臆病 H4 C252 S252)


コケコの型が合ってたら、答え合わせは100点だと思います。
放電が草結びかもしれない(避雷針対策)


相手のカプ・コケコが重そうなので、
アマージョのフェイント+雷Zを仕掛けそうです。



f:id:ennui_noon:20161221192509p:plainカプ・レヒレf:id:ennui_noon:20140630004155p:plain@突撃チョッキ
ムーンフォース/熱湯/草結び/シャドーボール
H177-A×-B135-C161-D150-S106
(控えめ H252 B4 S252)


フルアタレヒレ
チョッキを持たせる最たる理由は、コケコの電気Zを耐えられるようにするため。
対コケコにレヒレ+αの選出で、2匹動かすことを目的としていると思われます。
また、自然にヌケニンを対策するため。


攻撃連打で、ムーンフォースと熱湯の追加効果3割を狙いつつ、
草とゴースト打点で予想外のダメージを与えます。
草結び:D181ゲンシカイオーガに80~96ダメージ、水ヌケニン対策
シャドーボール:HP振りルナアーラをファントムガード込みで2発で倒せる、ヌケニン対策


想像以上に堅く、
イベゼルネでデスウイング→ジオコンムンフォで倒すプランを、耐えてきてビビりました。



世界大会を観た感想〜



特にDay2に残ったプレイヤーは、
一手一手に無駄が無く、数ターン先を見てコマンド入力してると思いました()
トリックルームや断崖の剣という強力な技を、最適な場面で打つ感じ。
ブラッキーで詰めるか、ブラッキーを犠牲に追い風でぶち抜くか。




そして、
レモネードさんの結果を受けて、思い出した事がありました。



f:id:ennui_noon:20190715062610j:plain ホワイトキュレムはスカーフ派
f:id:ennui_noon:20170827233738j:plain f:id:ennui_noon:20190623173457j:plain スカーフキュレム反対派
f:id:ennui_noon:20190820143713j:plain f:id:ennui_noon:20180611232452j:plain レモネード流 推進派
f:id:ennui_noon:20190820143706j:plain ビビりだまホワイトキュレムを提案するもレモネードさんに却下されるふぇいとさん


7月の、あいオフ二次会、キュレム議論。




ビビリだまは置いといて、
ウォルフォンさんやたきさんが言ってた通り、
是非とも、レモネードさんらしいパーティで挑戦してほしい感じ、とても共感できました。
いつか配信で映ってほしいです。




確かに、全国大会(BO1)でオーガレックをメタってスカーフキュレムの発想はお見事でした。
しかし、世界で通用するビジョンがどうにも見えなかったです。
初戦をスカーフキュレムで取っても、2・3戦目で対応されてしまうと思いました。
今考えると、むしろBO3の1戦目を高い勝率で取れるってアドなのでは...?




そこで、アドバイスになったかは不明ですが、
「オーガレッククチートはおもしろそう」(レッククチートが斬新だった)


後日、
「最後は自分で考えたパーティで挑んでほしい」(良くも悪くも思い出に残るので)




と伝えて、ほぼ毎日だったLINEが週1になりました。
褒めて伸ばして、後は任せるスタイル。
なので、このパーティ自体は純度100%レモネードのはず。




そしたら、




繰り返しになりますが、
「Day1で4勝5敗なのにトータル13勝11敗で勝ち越している」に加え、
「初戦の勝率100%」←この事実がとても不思議。
スカーフキュレム回避したのに、こんなデータ出ちゃいます?




きっと、2・3戦目で対応できる海外のプレイヤーが単純に強かったと言いますか、
レモネード流のタネを見破られたと言いますか、、、




その辺りは考察が尽きないので、
世界の感想をズガドーン・ツガネザワに直接聞きたいところです。
というか、手品とか覚えたら良いんじゃないですか。



QRレンタルチーム〜


チョッキレヒレの改良案が思いついたら載せます。

ゼルネイベルグロス

f:id:ennui_noon:20190728095743p:plain
ゼルネアス ひかえめHbcs S136
イベルタル おくびょうHbs S144
メガメタグロス しんちょうHds S143
ガオガエン なまいきHbd S71
カプ・レヒレ おくびょうHS S146
モロバレル れいせいBC S31





ゼルネイベルにメガメタグロスを入れたら、
一見、めっちゃ綺麗なパーティに見えるじゃないですか。
XYXに炎水草


このパーティ、特にゼルネレックやソルガレックに強めで、
先発レヒレグロスがオラオラやってるだけで勝てることがあります。
癒しの波動と耐久の高いポケモン(特に鋼タイプ)の相性の良さ。


WCSレートも1700を超えたので、
これで完成じゃないかなと思いました。



が。




伝説枠のゼルネアスとイベルタルの相性自体は普通というか、
そもそもダブルバトルって4匹しか選出できないので、




ゼルネのジオコンをガエンバレルでサポートするなら、
f:id:ennui_noon:20151231101349p:plainf:id:ennui_noon:20180403211527p:plainf:id:ennui_noon:20140122211721p:plainf:id:ennui_noon:20160117220502p:plain
メガレックウザでグラカイの天候を抑えてくれた方がありがたいし、



イベルレヒレでしぶとく展開するの悪くないが、
f:id:ennui_noon:20151231101348p:plainf:id:ennui_noon:20161221192509p:plainf:id:ennui_noon:20150620200118p:plainf:id:ennui_noon:20160117220532p:plain
電気の一貫を切りつつ、高火力な全体攻撃ができるゲンシグラードンがベスト。



という感じで、
微妙な選出になりがち。
また、全体的にパワーが低くなりがち。


イベルタルは、毒や鋼タイプのゲンガーやネクロズマ等に有利なので、
そういう時だけゼルネイベルは光ります。
ちなみに、ウルトラのイベルが振ってて強い技は「バークアウト」「デスウイング」「ふいうち」の3つ。
なので、どうしてもチョッキ型になりがち。。




永遠に悩めるパーティコンセプトなので、みんなも考えてみてほしい(
3.4匹目に採用するポケモンが、ゼルネイベルと積極的に絡めれば良き。
ゼルネアス+イベルタル-ウルトラシリーズ - やる気アンニュイ
↑割と良かったパーティ。



追記:8/8




メガフシギバナ 冷静Hcd S79~84


あいオフで使ったパーティの改良? BO3寄りのつもり。
イベルが居座りつつ、ゼルネマンダで積む。
他3匹は最低限殴れて、状態異常をばら撒く。
フシギバナトゲデマルが、レヒレ・コケコに強い点が良き。


メガフシギバナは、レヒレ・コケコへ毒打点を持ち、
トリル下のグラカイと打ち合えるポケモンとして6匹目に採用。
悪くない使用感だが、技スペが足りない印象。
草結び ヘド爆 眠り粉 宿木 吠える 守る


パーティ全体で、トリルグラツンデやグラクチートがキツイ。
というか無理。






ウルトラシリーズで1ヶ月ほど、
ゼルネイベルを使って思ったことは、
サンかムーンシリーズで握れば良かったということです()