ゾロアークGX+マニューラ

 

 

TagTeam解禁前のデッキ。

 ゾロアークが安定120打点で負荷をかけながら、

マニューラのあくのいましめで、条件付きだがワンパンを狙う。

サーナイトGXやレックウザGXの苦手意識が減ったのは、マニューラのおかげ。

 

 

始めはゾロアークGX+ルガルガンGXだったが、

ゾロアークが減った

マッシブーンも減った

・特性で仕事するポケモンが増えた

(※これは個人の感想で感じ方には個人差があります)

で、サブアタッカーはマニューラになった。

 

 

ennuinoon.hateblo.jp

ダストダス(ゴミなだれ)を使っていた時も思ったが、

相手が勝手にダメージを増やしてくれるカードが好みかもしれない。

1エネで動けることが最重要。

 

 

アローラキュウコンGXやマグカルゴの使用感。

 

キュウコンは、攻撃面がだいぶ強い印象。

70+30ダメージがロストマーチに2枚取りできたり、GX技でズガドーンを一撃。

 

マグカルゴは、場にゾロアークと並んでからの、試合を有利を進めてる感がスゴい。

ライオットビート130打点にしたい~と思ったらスタジアム持ってこればいいし、

とにかく器用。

技を打つのに必要なカードが少ないデッキなおかげか、余計に相性良く思わせる。

 

 

サポートは、ドロー少なめでグズマ多め。

マグカルゴを呼び出されてばら撒かれると厄介なので、フウとランも1枚。

ともだちてちょうでよく戻すカードは、グズマアセロラ

アセロラ1は少ない気がする、、

 

 

キリンリキは、アローラナッシー対策だったが、ほぼ意味無し(

あとグランブルがキツかった、、1エネ1進化160打点はゾロアークを超える。

 

キリンリキアローラベトベトンorツボツボGX

第38回がにゅーオフ

半分くらいは同級会だと思いながら、

がにゅーオフ(ムーンシリーズ)に参加してきました。

なんと約8年振りw

みんなあの頃は、お酒飲めるか飲めないくらいの歳だったんだな、、

 

 

結果は、5勝2敗で予選1位抜け。

決勝トーナメントは、2回戦で負けて、ベスト8でした。 

 

 

 

 

 

使用パーティは、イベルオーガ

ユウキさんのネオオーガ、

あるいは、じーんさんのグラゼルネを回してみたものの、

やっぱり、自分で作ったパーティがしっくり来るなと。

というか、全然練習してませんでしたので(反省)

 

 

サンからムーンシリーズ用に改良するつもりで、

-カプ・コケコ→トルネロス

-イベルタル:ビビり玉→格闘Z

に変更、ただ格闘Zイベルは正直微妙でした。

 

 

ちなみに、ナットレイはヨプの実です。

爪ではない。(重要)

 

 

 

 予選

1戦目 オーガゼルネ 勝ち ゼルネアスにしおふき急所

2戦目 オーガゼルネ 勝ち 自分で吹かした追い風なのに、アマージョカミツルギ抜けて驚き、ジャイロボールでゼルネアス1撃じゃなくて「あ、追い風下だった」と驚く

3戦目 ディアオーガ 勝ち ちょっと削れたガオガエンきあいだまZで飛ばす、ディアルガ飛ばしたくて格闘Zにした覚え

4戦目 ゼクロムホウオウ 勝ち ゼクロムを暴風混乱自傷で止める

5戦目 グラゼルネ 負け イベルオーガvsグラゼルネは良い試合になりがち

6戦目 ルナゼルネ 勝ち 後発ゼルネアス

7戦目 ルナゼルネ 負け 先発ゼルネアス

 

 

内2試合は、運勝ち。

ただ、急所で倒されたが勝てた試合も2つあったので、

割と平等だと思いました。

この時点では

 

 

 

 

 

 

 

予選消化中~

 

 

 

「初めまして! ゆとりと申します! 会えて嬉しいです!」

「レモネードさんからヤバイ人って聞いてます!」

 

 

 

 

 

迷惑料、取ってよか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ってバカ。

レモネードさんの方が、僕の数倍はやべーから。

ヤバさが濃さがちげーから。

 

 

 

 

 決勝トーナメント

 1回戦 Me様 勝ち

 

初手素暴風+混乱自傷、無傷でガオガエンを突破。

キレどころなのに、終始紳士な対応でビビる。(良いアラサーになりそう)

その後、スマブラでも対戦。

クロムやフォックスを使うMe様を、むらびとピチューで撃破。

 

 

 

 

 2回戦 Scarさん 負け

 

パーティ相性的に4:6。

それが選出で2:8、初手で技が全部当たって3:7って感じ。

根源+パワーウィップを打たされる時点で、かなり不利な展開だったものの、

95%技を3回連続で避けて、なんか勝ちそうになる(

なんだかんだ運ゲの日だった。 

 

 

でも、負けた、、Scarお前がナンバーワンだ、、、

同級生の星、Starさん?

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままScarさんが優勝でした。

「やり込みすぎてやる気がない」って言ってみてえ~。

 

 

 

 

 

 

がにゅーオフ二次会~

 

 

参加者ほぼ全員(約40人)でしゃぶしゃぶ!

 

 

盛り上がった話題は、やはり婚活。

主に同級生と考察しました。

???「世界大会に出るより、良い人と結婚する方が難しい」

分かる~。

 

 

理想が高いつもりは全く無いものの、

普通の人と比べて、みんな変人なので(良い意味で)

結果的に、理想が高くなっちゃってるのが辛い的な。

性格良いはずなのに、初見だと悪く見られがちなところとか。

 

 

ただ、良い人が見つかったら結婚まで早いという認識も共通で、

終始分かる~ってなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 以下、有料記事になります。

当ブログに課金してる方のみ、お読みください。

月額100円になります。

年払いなら500円です。(約58%もおトク!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がにゅーオフ二次会後、

博多駅付近のスナックへ行きました。

1人で。

 

 

みんなは、三次会でカラオケオールしてる中、

私は知らない客や、キャストのカラオケを聞いてて、

何やってるんだってなりました。

 

 

今回の目的は、

「 ポ○パラでブログを書いてる嬢がたくさんいるお店は良いお店」

この自論が本当か否か、調査しに行きました。

以前、地方のキャバクラ選びで失敗した記憶があるので、、

 

 

そしたら、

スナックなのに、半分くらいはキャバクラっぽい雰囲気のお店でしたが、

女の子は可愛い・頭良い、お店は広い、明瞭会計で当たり。

博多の娘が可愛い理由の1つに、博多弁のイントネーションがあるのかなと思いました。

下から来るというか、喋ってても強く出てこない的な。

 

 

 

翌日~

 

 

 

中州に行きました。

フリーで入店すると、25歳の嬢とマッチング!

 

 

って、プレイルームにSwitchとテレビが置いてあって、

思わずスマブラにしそうになりました。

ゲーマーに罠を仕掛けるんじゃあない。。

昨日、遊んでおいて良かったと思いました。

(待ち時間が長くてヒマらしいです)

 

 

プレイの方は、

やべえ!久しぶりで腰の振り方忘れた!

ってなりましたが、

嬢が好きな擦り方が見えてきて、

それに合わせる形で、何とかフィニッシュしました。

 

 

ゲーマー同士、ポケモンスマブラの話で盛り上がったし大満足。

後でプロフィールを見たら(19)表記で、

スキンケアしてるから肌年齢が19歳だった!って言ってたのが理由だと思いました。

(確かにスベスベだった)

 

 

 

今年の夏に、

2泊3日で、団体旅行の予定があるのですが、

福岡に決まりだな、ってなりました。

 

 

 

 

明太子大好き!

2018年

年末に成績を振り返るやつ。

日付 オフ 予選 決勝 コンセプト
2/18 第40回伝説厨オフ 7勝3敗 4位
4/1 第1回ギャラクシーオフ 2勝3敗 -
5/5 第18回あいオフ 2勝3敗 -
7/28 第2回ギャラクシーオフ 2勝3敗 -
7/29  & 第13回ぽちゃオフ 5勝0敗 16位
10/27 第3回ギャラクシーオフ 4勝2敗 4位

予選落ちる時いつも2勝3敗ww
逆に、ちゃんと練習して臨んだ回(※遠征)では、
決勝トーナメントに進めているので、
真面目にやればオレ ポケモン 強いを確信した年でした。












2018年の全国予選も振り返ろうと思ったんですが、
どうもパッとしない成績だったので、
代わりに、レモネードさんの記事を好きなランキングで発表します









3位レモネード〜限界霰 一撃必殺〜




ネタでもなく本気で勝ちに行く構築として考えました


氷タイプ3匹、こだわりアイテム3種+チョッキ、爪じわれランドロスなど、
詰め込みすぎたパーティの紹介。


上の文章って、ネタで言うのが大半だと思うんだけど、
この人の場合、ガチで勝ちにいっている気がした。
実際に会ってみたらガチだった。


再会するきっかけになった思い出の記事。







2位桃太郎〜最強の水タイプポケモンを探せ





今回出てくる登場人物には予め了承頂いております





日本昔ばなし形式でパーティ紹介する人初めて見たんだけど、、、


もちろん、了承は頂いておりません。
たまに「こんな記事書いていい!?」とDMが来る時があるんですが、
そういう記事はつまらなく、お蔵入りになる可能性が高いです。


この人の、ストーリーに引き込む文章力はなんなんだろう?
と、たまに考える。
関係あるか不明だが、私の地域の国会議員と顔がかなり似てる。
そういう血筋の人かもしれない。











1位全国出場〜とある科学の電磁砲入霰〜





【レモネード式物理の法則】
どのROMを使えば2DSLLをどの向きでどの高さでどのタイミングでどの角度でどの速度でどの方向に冷凍ビームを打てばいつ凍るかなんて物理の成績では常に大学院生時代トップ10位に入るこの僕になら一目瞭然だ!

電磁砲ポリゴン2で全国出場を決める伝説。
こんなイカれた素晴らしいプレイヤー、5年くらいは出てこないのではないだろうか。



推測ですが、
書いてる途中でプレイヤー評価が楽しくなっちゃって、
電磁砲を打つ対象がイマイチ分からず、
パーティ紹介が雑になってるところが最高。




レモネードさんの今年のブログ更新回数:5回

二重まぶた

両目のまぶたが二重になってから10日は過ぎた。
なんか定着した、今日はその記録である。



もちろん整形ではなく、
表情筋を鍛えるトレーニング(口を閉じたまま、口腔内で舌を5〜10回ほど回す)
を車の運転中など、ふとした瞬間にする。
これを1ヶ月ほど続け、朝起きたら「右目が二重なんだけど?」という記録である。




そもそも、二重まぶたにするつもりでトレーニングしてなかった。
先輩から「老けた?」と言われた事がショックだったからである。
そりゃ今年は色々あったけど、
俺は結構、根に持つタイプだからな。




とは言え自分にとって、これはビッグニュースで、
なんというか、10年以上かかった。
数時間から1日ぐらい定着することがたまにあっても、
これほど長く、違和感なく二重でいることは初めてのことである。




というのも、自分のまぶたの形を意識したのが思春期からで、
中学生の時は、両目とも一重まぶただった。
「眠そう」「怖い」
みたいなイメージが付きまとうのもこの頃から。




小学生の頃は、そんなこと無かったはず、、、
その頃の好きなポケモンはニューラだった。




左右非対称なデザインが金銀時代では珍しい




なので、高校生の時に一念発起して、
まぶたの肉を減らすトレーニング(目を閉じ、指の腹をまぶたに当て、ピクピクさせる)
これを続けていたら、左目はすぐ二重になった。
正確には奥二重だったが、二重だと思い込んでいた。




しかし、右目のまぶたはいつまで経っても二重にならない。
まぶたをこすれば数秒は二重になるが、
定着には程遠く、
そもそも左右で形が違う(右がパッチリ気味)で、その内に諦めてしまった。




高校生の頃、好きだったポケモンザングース
型は、きあいパンチ/シャドーボール/じだばた/みがわり@ひかりのこな
あぁ、HPは4n+1調整。






10年間、俺はザングースだった。
あるいはニューラだった。




〜〜


そんな感じで、
約10年の間 左目:奥二重 右目:一重で過ごしてきたのに、
あっさり、両目二重になってしまいました。
しかも、今日は妙にパッチリ気味の二重でちょっとキモイです。




まぶたの構造に関しては、
親の遺伝による影響が大きいようですが、
両親は奥二重?、弟は一重、妹は不明。
なので、普段の生活で顔の筋肉を使っているかで変わると思いました。




夜、突然「今ヒマ?」
と飲みに誘ってくる先輩ですが、
二重まぶたにしてくれた事には、感謝したいところ(^-^)

トレーナーバトルのコツ

威力 硬直 EPtank
あわ 8 3 11
まとわりつく 6 3 11
たたりめ 6 3 11
チャージビーム 5 3 11
タネマシンガン 5 3 11
ほのおのうず 9 3 10
ドラゴンテール 9 3 10
バークアウト 8 3 10
じんつうりき 8 3 10
こおりのつぶて 8 3 10
エアスラッシュ 9 3 9
おどろかす 5 3 9
マッドショット 3 2 9
でんきショック 3 2 9
サイコカッター 3 2 9


ポイント〜

  • 『ゲージ技をたくさん打った方が勝てる』という考え方から
  • EPtankが9〜11の通常技を5回打って、ゲージ技を振っていく立ち回り
  • ゲージ技は、エネルギー45〜55に使いやすいものが揃っている
  • 通常技の威力はほぼ誤差
威力 エネルギー
シャドーボール 100 55
ストーンエッジ 100 55
ブレイブバード 90 55
メガホーン 90 55
れいとうビーム 90 55
とっておき 90 55
ドリルライナー 80 55
シグナルビーム 75 55
ブラストバーン 110 50
コメットパンチ 100 50
パワーウィップ 90 50
ワイルドボルト 90 50
ばくれつパンチ 90 50
くさむすび 90 50
あくのはどう 80 50
ヘドロばくだん 80 50
ひっさつまえば 80 50
ハードプラント 100 45
ゆきなだれ 90 45
いわなだれ 80 45
ゴッドバード 80 45
10まんボルト 80 45
イカサマ 70 45
チャームボイス 70 45
かみくだく 70 45
げんしのちから 70 45
ぎんいろのかぜ 70 45
マグネットボム 70 45
ハイドロカノン 90 40
なみのり 65 40
リーフブレード 70 35


余談〜


メモ〜

  • れんぞくぎり(硬直1 EPtank 4)9発+リーフブレード 約3.8秒
  • みずってっぽう(硬直1 EPtank 3)12発+アクアテール 約6.5秒



パーティ案〜


通常技4発でゲージ技

ポケモン 通常技 ゲージ技 サブ技
フライゴン マッドショット ドラゴンクロー じしん
ニョロトノ あわ なみのり じしん
@1 下の表から - - -


ゆきなだれ

ポケモン 通常技 ゲージ技 サブ技
ニューラ こおりのつぶて ゆきなだれ イカサマ
イノムー こなゆき ゆきなだれ ストーンエッジ
オニゴーリ こおりのつぶて ゆきなだれ シャドーボール


10まんボルトorワイルドボルト

ポケモン 通常技 ゲージ技 サブ技
サンダー チャージビーム 10まんボルト でんじほう
ランターン チャージビーム 10まんボルト ハイドロポンプ
ウインディ バークアウト ワイルドボルト だいもんじ


ストーンエッジ

ポケモン 通常技 ゲージ技 サブ技
ユレイドル まとわりつく ストーンエッジ くさむすび
カポエラー カウンター ストーンエッジ インファイト
イノムー こなゆき ストーンエッジ ゆきなだれ


シャドーボール

ポケモン 通常技 ゲージ技 サブ技
ガラガラR たたりめ シャドーボール ホネこんぼうorだいもんじ
ゲンガー たたりめ シャドーボール きあいだま
ムウマージ たたりめ シャドーボール マジカルシャイン

PvPで強そうな技のみ抽出。(gamewith様 参照)
ジムバトルでも同様に強かった技が多い。



通常技は、硬直に対してゲージの溜まる割合、あるいは威力が高いもの。

タイプ 威力 硬直 EPtank
ノーマル でんこうせっか 5 2 7
ひっかく 4 1 2
ほのお ほのおのうず 9 3 10
みず たきのぼり 10 3 8
あわ 8 3 11
みずてっぽう 3 1 3
でんき チャージビーム 5 3 11
スパーク 4 2 8
でんきショック 3 2 9
くさ タネマシンガン 5 3 11
つるのムチ 5 2 8
こおり こおりのつぶて 8 3 10
こなゆき 4 2 8
かくとう カウンター 8 2 7
からてチョップ 5 2 7
どく どくづき 6 2 7
じめん マッドショット 3 2 9
ひこう エアスラッシュ 9 3 9
つばさでうつ 5 2 7
エスパー ねんりき 12 4 12
サイコカッター 3 2 9
じんつうりき 8 3 10
むし まとわりつく 6 3 11
むしくい 3 1 3
れんぞくぎり 2 1 4
いわ うちおとす 10 3 8
ゴースト たたりめ 6 3 11
シャドークロー 6 2 7
したでなめる 3 1 3
ドラゴン ドラゴンテール 9 3 10
りゅうのいぶき 4 1 3
あく バークアウト 8 3 10
ふいうち 5 2 7
かみつく 4 1 2
はがね バレットパンチ 6 2 7
フェアリー - - - -


硬直別、最強クラス技

硬直 威力 EPtank
4 ねんりき 12 12
3 たきのぼり,うちおとす 10 8
ほのおのうず,ドラゴンテール 9 10
あわ 8 11
2 カウンター 8 7
つるのムチ 5 8
マッドショット,でんきショック,サイコカッター 3 9
1 りゅうのいぶき 4 3




続いて、ゲージ技。
「威力÷エネルギー」が2以上の技は、もれなく高性能だが、専用技が多い。


逆に威力は低いが、省エネルギーで使える技(のしかかり等)は、
シールドが重要な対人戦では重宝するはず。


未解禁の技は載せず。

タイプ 威力 エネルギー
ノーマル はかいこうせん 150 80
ひっさつまえば 80 50
のしかかり 50 35
ほのお オーバーヒート 150 80
ブラストバーン 110 50
みず ハイドロポンプ 130 75
ハイドロカノン 90 40
なみのり 65 40
アクアテール 50 35
でんき でんじほう 150 80
かみなり 100 60
ワイルドボルト 90 50
10まんボルト 80 45
くさ ソーラービーム 150 80
ハードプラント 100 45
パワーウィップ 90 50
くさむすび 90 50
リーフブレード 70 35
こおり ふぶき 130 75
ゆきなだれ 90 45
かくとう きあいだま 150 75
インファイト 100 60
ばくれつパンチ 90 50
クロスチョップ 50 35
どく ダストシュート 130 75
ヘドロばくだん 80 50
じめん じしん 120 65
ひこう ぼうふう 110 65
ゴッドバード 80 45
エスパー みらいよち 120 65
サイコブースト 70 40
むし むしのさざめき 90 60
いわ ストーンエッジ 100 55
いわなだれ 80 45
ゴースト シャドーボール 100 55
ドラゴン りゅうせいぐん 150 75
げきりん 110 60
ドラゴンクロー 50 35
あく あくのはどう 80 50
はがね ラスターカノン 110 65
コメットパンチ 100 50
フェアリー ムーンフォース 130 70



まとめ〜




CP制限ありなら、





+なんか




が強くね??

イベルタル+カイオーガ-サンシリーズ


イベルタル せっかちabS S165×1.5
カイオーガ ひかえめhcS S142×1.5
ガオガエン いじっぱりHD S84
カプ・コケコ おくびょうCS S200
ナットレイ ゆうかんHA S22
アマージョ いじっぱりHD S93




成績〜

  • 10/27(土) 第3回ギャラクシーオフ (オフレポ
    • 予選 4勝2敗→トーナメント 4位
  • 11/30(金)〜12/2(日) 2018 INC November
    • 32勝13敗 レート1744?


コンセプト〜


サンシリーズ最強のポケモンカイオーガ』と、
最強クラスの技『はたきおとす』を中心に組んだパーティ。
叩き落とすと言ったら、特性ダークオーラの『イベルタル』で、
さらに『ガオガエン』と『ナットレイ』に使わせることにしました。
基本選出
(通称:伝説伝説ガエン草)




イベルタルのビビリ玉は、
ガオガエンを後出しされやすい中、
メインは、デスウイングで居座り、はたき落とすの追加効果、先制技なので、
威嚇を受けても仕事を遂行できると判断したため。
雨を降らせば、最終的にガオガエンとのタイマンにも勝てます。




また、追い風を主としたパーティが多い中、
素早さ上昇が残る方が戦いやすいと思い採用。
控えめルンパを抜いてデスウイングが打てたりします。



ギャラクシーオフの時は、
臆病CS 不意打ち→バークアウトで採用。
はたきデスウイング守るは確定で、
範囲技より先制技の不意打ちが欲しくなり、せっかちabSに変更。



H202-A168-B115-C151-D122-S165


ゼルネアスと同速ゲーで叩きに行かない意志。
C222しおふきほぼ耐え、せっかちで削れたBを補完、余った努力値132をAに回した。




立ち回り〜


どんどんアイテムを落として弱体化を狙い、
スカーフオーガでしおふき レーティングは楽勝♪を狙います。




はたきおとすで狙いたいアイテムは、
こだわりスカーフ』『とつげきチョッキ』『パワフルハーブ(※ゼルネアス)』
主にこの3つ。




前者2つは、スカーフカイオーガの弊害になりやすいアイテム。
特にイベルオーガの並びは、カプ・コケコが共通して苦手なので、
積極的に叩いていきたいです。


この攻め方のポイントは、
スカーフ・チョッキ持ちは基本『守る』が入らないことで、
アイテム無しになれば、最終的に上からしおふき等で倒すことが容易になります。
逆に言えば、こちらのスカーフオーガが叩き落とすを受けると負けに繋がるので、
安易に相手ガエンの後ろからオーガを出さないようにしたいところ。




ゼルネアスのパワフルハーブは、頑張って叩きましょう()
イベルタルのビビり玉が発動すれば、同速ゲーを回避した上で半ば捨てながら落とせますが、
ハーブは消費するアイテムということを考えると、
『黒い霧』や『ほえる』等で対策するのが正解なのかもしれません。
その辺は考察不足でした。。




感想〜


おおむね満足している構築でしたが、
アマージョとんぼがえり→思念の頭突き に変更すべきでした。
理由はドクロッグピンポイントの1点ですが、これだけで2勝増えたと思います。
本来はヨプナットレイのジャイロボール+鉄のトゲで倒すつもりでしたが、
チョッキ持ちは素早さに振らないのか、耐えられてしまうことが多かったためです。



こういうところが、
まだまだ練習不足だったと考えさせられますね;